ティッシュや除菌シートのトイレ詰まり

トイレットペーパーや排泄物が、トイレ詰まりが起きる大きな原因とされていることを知っている方は、多いのではないでしょうか。
しかし意外に知られていないのかもしれませんが、ティッシュペーパーや除菌シートなども、トイレ詰まりが起きる原因なのです。
今回は、ティッシュペーパーや除菌シートが原因で発生するトイレ詰まりについて、様々な情報を見ていきます。

ティッシュペーパーも注意

ティッシュペーパーはトイレに流しても問題ない、と考えている方は少なくないのではないでしょうか。
確かにティッシュペーパーは、トイレットペーパーと同じ紙類ではありますが、実は性質が全く違うのです。
トイレットペーパーは、トイレで使うことを前提にしているため、耐水性を低くして作られているのです。
反対にティッシュペーパーは、あらゆる場面で使用することを前提としています。ですので、耐水性はトイレットペーパーよりも高く、結果として水に分解されにくい性質となっています。
実際に2枚重ねになっているのは、強度を出すためでもあります。
溶けない訳ではないので、数枚程度であれば、トイレ詰まりが起きなくても不思議ではありませんが、流すことはあまりオススメできません。

除菌シート(トイレクリーナー・ウェットティッシュ)に注意

トイレの便器を拭くために、除菌シートやトイレクリーナー、ウェットティッシュなどをトイレ内に設置している人が多いのではないでしょうか。
確かに最近は、流せる除菌シートやトイレクリーナーは増えていますが、全ての商品がトイレに流せることはありません。
誤って流してしまうと、結果としてトイレ詰まりが発生する原因になるので、少量であっても流さないようにしましょう。

ほぐれやすさが違う

トイレットペーパーのように水に対するほぐれやすさを、除菌シートやティッシュペーパーが持つことは難しいとされています。
数年前に、流せると表記した除菌シートなどが販売されていたのですが、トイレットペーパーと同じくらいのほぐれやさが実現できていなかったのです。
消費者庁の働きかけにより、水にほぐれやすくない除菌シートやティッシュペーパーは、販売されにくくなっています。
ですが、用心するに越したことはないので、まずは流せることをきちんと確認した上で、なるべく大量に流すことは避けるようにしましょう。
トイレ詰まりが起きてしまったら、元も子もありませんからね。
もちろんですが、いくら水に溶けやすいトイレットペーパーであっても、量が多すぎると詰まってしまうので、気を付けましょう。

お尻拭きも注意

小さいお子さんがいるご家庭に限った事ではありますが、お尻拭きを誤って流してしまう方もいます。
お尻拭きにも、流せるものと流せないものがあるので、その点には注意が必要です。
そして、お尻拭きも同じようになるべく少量で流すようにした方が、トイレ詰まりが起きる確率は低くなります。
そのため、面倒だなと思っても、小まめに流すようにしましょう。

解決方法

もしも、間違えて流せないティッシュペーパーなどを流してしまい、トイレ詰まりが起きてしまったら、ラバーカップやワイヤーブラシを活用しましょう。
ティッシュペーパーであれば、60度以下のお湯で解決できることもあるので、併用してみましょう。
除菌シートやウェットティッシュなどが原因でトイレ詰まりが起きてしまった場合には、お湯はあまり効果を発揮しないので、活用は控えましょう。
もしもですが、ラバーカップやワイヤーブラシを活用しても、トイレ詰まりが改善されない場合は、修理業者に依頼しましょう。

予防方法

流せないティッシュペーパーや除菌シートを誤ってトイレに流さないためには、気を付けるしか予防方法がありません。
ついうっかり流してしまった経験がある人は、トイレ内にゴミ箱を設置して、常にそこに捨てることを心掛けるのが、効果的な予防方法になります。
また普段は流せる除菌シートを使っている人が、その時に限って切らしていたため、流せない除菌シートを間違えて流してしまった、というケースもあります。

まとめ

ティッシュペーパーや除菌シート、ウェットティッシュやお尻拭きであっても、流せないものであれば、トイレ詰まりが起きてしまうのは時間の問題です。
実際に起きてしまったからでは遅いので、常に気を付けるように用心しましょう。
そして、実際にトイレ詰まりが起きてしまった時に、自分で解決を試みても改善が見込めない場合は、すぐに修理業者に依頼しましょう。

>>トイレ詰まりの修理と原因を徹底解説