トイレが水浸しになる原因と対処法

トイレの中の様子

トイレが水浸しになってしまうと、用を足すのに非常に不便ですよね。
トイレの中でもさまざまな水漏れのパターンはありますが、やはり床への水漏れは緊急性の高い故障の一つです。
今回は、トイレが水浸しになってしまった際の原因や対処法について詳しくご説明していきます。

 

 

まずは自分で原因をチェック

トイレをチェックする人トイレが水浸しになってしまった場合、自分で対処するか修理業者に依頼するかの2つの選択肢があります。
しかしどちらの方法を選ぶにしても、おおかたの原因を自分で確認しておくことは必要でしょう。
もし自分で確認をせずに修理業者に依頼をしてしまうと、必要のない部品まで交換されてしまうなどという事態が起こり得ます。
自分でいろいろ確認してみたものの原因が分からなかったという場合には、修理業者に相談した上でその旨を伝えましょう。

トイレが水浸しになる原因

部品の劣化や設置不良

トイレタンクや給水栓において、長年の使用によってパッキンが劣化したり、部品同士をつなぐネジが緩んだりなどすることでトイレの床に水漏れしてしまうことがあります。
まずは給水管をチェックし、水が漏れている箇所がないかどうかを確認しましょう。もし水漏れの有無がわかりにくいような場合は、トイレットペーパーを怪しい箇所に押し付けてみて、水がつくかどうかという方法で確認すると良いです。
また、場合によっては便器やタンクに破損があり、できてしまった亀裂から床へ水漏れしてしまうということもあります。
設置不良の可能性も考えられるため、修理業者に相談しましょう。

温水洗浄便座(ウォシュレット)

温水洗浄便座からも、長年の使用による劣化によって水漏れすることがあります。水漏れの恐れのある箇所としては、給水栓から繋がっている給水ソケット、温水洗浄便座の内部のタンク及びパイプ、またノズル周辺などが挙げられます。
水漏れしている水量が少ない場合は、温水洗浄便座の本体からポタポタと滴が滴っているため、トイレ掃除の時などに気づくことができるかもしれません。
また、ウォシュレット機能を使用した際にのみ水漏れが起こる場合もあり、水漏れの箇所やタイミングを把握しづらい水漏れともされています。

結露

結露している窓夏や梅雨の時期に、トイレ内部の水と外部の温度差が原因で結露してしまうことがあります。これは、冬の朝などに部屋の窓の内側に水滴がついているのと同じ状態です。
また、冬場には家の外との温度差で壁などが結露し、その滴によって床が濡れてしまうこともあります。これは自然な現象であるために完全に解決することは難しいですが、そのまま放っておくとカビが生えてしまう可能性があります。雑巾でこまめに拭くなどの対策をしましょう。

トイレが水浸しになった場合の対処法

トイレタンクが原因の場合

トイレタンクからの水漏れが原因で床が水浸しになってしまう場合、考えられる水漏れ箇所はタンク内やジョイント部分です。
水漏れしたその水滴が便器などを伝って床に流れ落ち、水浸しになってしまいます。
この場合にはさらに具体滴な原因箇所を突き止め、その箇所のパッキンを新しいものに交換したり、給水や排水をスムーズにしたりという方法で解決することができるかもしれません。

温水洗浄便座(ウォシュレット)が原因の場合

温水洗浄便座からの水漏れが原因となっている場合、元栓の開きすぎやジョイントの緩み、部品の劣化などが詳細な原因として考えられます。
元栓が開きすぎている場合は元栓を締め直す、ジョイントが緩んでいる場合はジョイントの緩みを調整し直すことで、それぞれ解決することができます。
部品の劣化が原因として考えられる場合には、部品を交換する必要が出てきます。ノズルやパッキンの交換は比較的容易であり、簡単な分解をするだけでプロでなくても出来てしまう可能性があります。必要な交換部品や工具を用意し、交換していきましょう。
ただし、送水に必要なバルブユニットに関しては本体の内部にあり、複雑な分解作業が必要になります。プロでなければ非常に難しい作業なため、よほどのことがない限りは専門の修理業者に依頼することをおすすめします。

結露が原因の場合

便器やトイレタンクの結露が原因になっている場合は、とにかく結露した状態で放っておかないことが大切です。
結露は湿度や気温の変化で起こるものなので、トイレのドアを使用の都度閉めるようにして温度の変化を防ぐことや、換気扇を常時回しておくことなどで改善することがあります。
また、それらを行なっても結露がなくならない場合には、雑巾などでこまめに水滴を拭き取ることを心がけましょう。大切なのは、水滴が滴る状況を放置しないことです。

まとめ

今回は、トイレが水浸しになってしまった際の原因や対処法についてご説明してきました。
トラブルが起きてしまった際は、まず自分で原因をつきとめ、それに応じて正しい対応をすることが大切です。
このようなトラブルが起きた際は、ぜひこのページを参考に対処してみてください。

>>トイレ詰まりについてもっと知りたい方はこちらへ