トイレから異臭がする原因と対処法

女性が臭いに鼻をつまんでいる

トイレは、家の中でも特にニオイの悩みが尽きない場所です。
場所が場所だけに仕方のない部分もありますが、しかし異臭がどうしても気になってしまう時というのはありますよね。
今回はそんなトイレの異臭の原因と効果的な対処法を、詳しくご紹介したいと思います。

 

 

トイレの異臭の原因

排泄物による異臭

やはり最も多い原因は、排泄物によるものです。
トイレを使用した後というのは、気をつけて用を足したとしてもどうしても便座の裏側などに排泄物が飛び散って付着してしまっていることが多いです。
トイレ掃除をする際にその部分を意識しておかなければ、ずっと排泄物の汚れが残ってしまうことになります。
普段のトイレ掃除の際に便座裏を掃除していない場合、いちど専用のクリーナーなどで拭き掃除をすることをおすすめします。

飛び散った尿によるアンモニア臭

用を足す際に、便器の水面で跳ね返った尿が便座の裏やフチなどに付着してしまうことがあります。
また、これは特に男性が立って用を足す際に起こることですが、便座の裏やフチだけでなくトイレの壁や床にまで尿が飛び散って付着してしまうということもあります。
尿は乾くことでアンモニア臭を発生させるため、これが異臭としてニオイます。
アンモニア臭は一般的なトイレ用洗剤では除去することが難しいため、解決には工夫が必要です。

下水からの異臭

トイレの便器内に常に水が溜まっているのは、下水から異臭が上ってきてしまうのを防ぐためです。
しかしトイレの排水管でつまりが発生していたり、その他にも排水管で何かしらの問題が起きていたりする場合、その便器内の水位が下がってしまい、下水からの異臭がトイレ内に漂ってしまうことになります。
この場合、自分でつまりを解消することができる場合もありますが、それが難しい場合は修理業者への依頼を検討することをおすすめします。

換気扇からの異臭

換気扇をチェックする人換気扇には通常、フィルターが備えられていますが、長い期間掃除をしていないと、そのフィルターの穴にホコリがたまって塞がってしまうことがあります。すると換気の機能が大幅に低下し、トイレを使用した際の臭いが室内にとどまってしまうことになります。
また、換気扇の先には屋外に通じる換気ダクトという排気管がありますが、ここも長期間掃除をせずに放置してしまうと、ホコリがたまったりカビが発生してしまったりします。その臭いがトイレ内に流れ込み、異臭が漂ってしまうこともあるのです。

壁などに付着した生活臭

家のあらゆる壁には、普段生活している中で発生する生活臭が染み付いてしまうものです。ずっと同じ壁紙を使っていると、月日とともにその生活臭は蓄積されていきます。
トイレの壁も例外ではなく、トイレ特有の臭いに加えて生活臭が染み付くため、他の部屋の壁よりも臭いは強くなります。
また新築ではない物件に入居した場合、前の入居者の生活臭が壁紙に染み付いている可能性もあります。

カビによる異臭

水回りというのはカビが発生しやすいポイントでもありますが、トイレにもカビが発生してしまうことがよくあります。
トイレのカビの症状として多いのが、壁などが黒ずんでしまっているわけではないのにカビ臭くなってしまっているというもの。こういった症状は、トイレの壁の中や床下を通っている配管から水漏れがあり、壁の中や床下に大量のカビが発生してしまっている可能性があります。
カビの臭いがきついと感じたら、業者に依頼して根本的に解決することをおすすめします。

トイレの異臭の対処法

アンモニア臭への対処法

トイレに染み付いてしまったアンモニア臭は、一般的なトイレ用洗剤などではなかなか除去するのが難しいです。跳ねて便器や壁に付着した尿は時間が経つと、水分が飛んで尿石となってしまうためです。
一般的なトイレ用洗剤というのは、酸性の汚れを落とすためにアルカリ性のものになっています。しかし尿石というのはアルカリ性であり、酸性の洗剤を使うことでしか除去することができません。
薬局などに行くとさまざまな種類の酸性洗剤が売られているはずですので、それらを使って掃除してみましょう。
また、便器の中にこびりついた尿石に関しては重曹とお酢(クエン酸)を使った掃除も効果的です。

下水の臭いへの対処法

下水道からのパイプトイレに漂う下水の臭いは、便器の中の水位が下がってしまっていることが原因。そして水位が下がってしまうのは、トイレの排水管がつまってしまっていることが原因であることが多いです。
そのため、トイレつまりを解消することで下水の臭いも解決することができます。重度のつまりである場合や異物が詰まってしまっている場合は専門の修理業者に依頼する必要がありますが、トイレットペーパーなどの軽度のつまりである場合には自分で解消することもできます。
一般的にそういったつまりは、ラバーカップや真空ポンプなどの道具を使って解消します。もし自宅にそれらの道具がないという方は、ホームセンターなどで売られているため、購入して試してみましょう。

カビの臭いへの対処法

トイレでカビの臭いがする場合、壁の中や床下の配管からの水漏れが原因で見えないところにカビが発生してしまっている可能性があります。そのため、早めに漏水調査や配管修理を行うことをおすすめします。
また、実はそのような漏水で気をつけなくてはいけないのはカビだけではありません。湿気によってシロアリが寄ってくることによる害虫の被害や、木材が腐って床が抜けるなどの被害にも気をつける必要があります。

まとめ

今回は、トイレの異臭の原因と効果的な対処法をご紹介してきました。
トイレの異臭にもさまざまなものがあり、それぞれ原因によって対処法も少しずつ異なってきます。
皆さんもぜひトイレの異臭問題を解決して、快適な生活を送れるようにしましょう。

>>トイレ詰まりの詳細を知りたい方はこちら