ウォシュレットの水漏れを解決するには

ウォシュレットの水漏れを解決するには

ウォシュレットから水漏れが発生して困ったことはありませんか?
実はウォシュレットは家電なので、水漏れが起こると漏電のリスクがあるので、普通の水漏れよりも危険な状況に陥るかもしれません。
ウォシュレットの水漏れを防ぐために、水漏れが起こる原因や対策についてお伝えしていきます。

 

ウォシュレットが水漏れする原因

ウォシュレットが水漏れする原因
水漏れする原因は主に2点あります。
ウォシュレットはリモコンで動く家電なので、トイレの中で一番デリケートな製品です。
水漏れしてしまう原因を理解することで、水漏れした時の解決に役立つでしょう。

老朽化に伴うノズルの故障

ウォシュレットの水漏れが起こる原因は、主に老朽化が原因とされています。
ウォシュレットは電化製品と一緒なので長く使うとトイレよりはるかに故障しやすいです。
ノズルが誤作動を起こしたり、水が止まらなくなったりすることもあります。
このような水漏れの場合は自分で修理するのが難しいこともあるので、業者にお願いする方が早く解決できます。

リモコンの不具合

リモコンの電池が切れていたり、リモコンが故障していたりすると水漏れにつながります。
リモコンの電池切れで水が止まらない場合や、電池があったとしてもリモコンが故障して誤作動を起こして水漏れする場合もあります。
電池を取り替えて使ってみると解決できる場合がありますが、それでもダメな場合はリモコンが壊れているかもしれません。

ウォシュレットの水漏れを修理しないと起こる被害

水漏れを放置しておくと、トイレのさらなる被害が発生します。
その被害を把握しておくことで、水漏れを放置することが、どれほどリスクが高いことかが分かるでしょう。

床や壁紙にカビが増殖する

ウォシュレットからの水漏れや、誤作動してしまうと床が水浸しになってしまいます。
その場合に床や壁に水がかかってしまうと、床や壁の腐食の原因にもなります。
そうなってしまうとウォシュレットの修理以外にも壁紙や床材の修理費用がかかって、家計にも被害が及ぶこともあるでしょう。

水道代が増加する

水漏れをそのままにしておくと、当たり前ですが水道代が増えていきます。
たとえ流れる量が少なくても1日中流れてしまうとそれなりの水道代になってしまうので、水漏れは放置せず早めに止めるように対処をしましょう。

ウォシュレットの水漏れを自力で修理するには

ウォシュレットの水漏れを自力で修理するには
ウォシュレットからの水漏れをみつけて、自分で直せると思った場合は修理をしてみると時間も費用も浮かせることができます。
これから修理方法を紹介するので、順を追って詳しくみていきましょう。

止水栓を止める

最初に止水栓を締めましょう。
止水栓を締めないと修理作業が出来なかったり、作業の途中で水が漏れ出したりすることがあり危険だからです。

電源プラグを抜く

ウォシュレットは家電製品なので修理中に漏電や誤作動を起こさないために電源プラグを抜きましょう。
水漏れを見つけた時点で漏電の可能性があるので、速やかに電源を切るようにしましょう。

接続部の緩みを締め直す

ウォシュレットと排水用のホースの境目が緩んでいると水漏れが起こる原因になってしまいます。
接続部分が緩んでいたら工具などで締め直すと水漏れが止まる可能性が高まります。

接続部のパッキンが劣化していたら交換する

接続部を締めなおしても水漏れが止まらない場合は、パッキンや部品の故障が考えられます。
破損や故障だとわかったら新しいものに交換しなければ故障は直りません。
新しいものを購入するときはパッキンや部品を間違えないように同じサイズや同じメーカーの製品を選びましょう。

ウォシュレットの水漏れを予防するには

ウォシュレットの水漏れを防ぐには、ウォシュレットの構造に負担をかけない状況を作ることが大切です。
具体的な方法について下記の2点を詳しくみていきましょう。

こまめに換気をする

ウォシュレットの水漏れを予防するためには定期的に換気をしましょう。
ウォシュレットに内蔵されている機器部分が故障すると水漏れの原因になってしまうからです。
トイレを換気して湿度や温度を下げるようにしましょう。
一定期間、家を開ける場合は「換気扇をつけたままにする」、「コンセントを抜く」などの予防をしてから出かけましょう。
換気扇の電気代とトイレの修理費を比べると、比べ物にならないほどトイレの修理費用がかかるので、電気代は気にせず換気扇をつけておく方が節約になります。

定期的に掃除をする

定期的に掃除をすることはウォシュレットの水漏れ予防に効果があります。
ウォシュレット本体やノズルにホコリやカビ、尿石が付着すると不具合の原因になります。
普段から便座や便器の掃除と一緒にウォシュレットを掃除するようにしましょう。
ノズルは中性洗剤を含ませた布や歯ブラシで掃除をするとつまりを防ぐことができます。

まとめ

今回は、ウォシュレットで水漏れが起こってしまう原因や修理方法についてお伝えしました。
ウォシュレットは日常的に使い続けると故障しやすくなりますが、正しい方法で修理をしたり、掃除をしたりしていくことで故障を予防することが可能です。
しかし、ウォシュレットの故障の原因がわからない場合や、自分の力で解決できないときは速やかに専門業者を呼んで修理してもらいましょう。

>>トイレ詰まりについての詳細はこちら

自分で行う水回りの修理にはリスクがあります。
早く確実に修理をお考えならプロのスイドウサービスへお任せ!

見積もり・出張依頼・お問合せはお電話で!

24時間365日即日対応 0120-688-333 0120-688-333