キッチン(台所)の水漏れ原因と修理方法

キッチン(台所)からの水漏れが起きてしまうケースが多々あるのですが、この場合、蛇口からの水漏れであればすぐに気付くことが出来ます。
ですが、シンク下にて水漏れが起きている時は、中々気付きにくいですよね。
ここでは、キッチンで水漏れが起きても冷静に対応出来るように、原因や解決方法について詳しくご紹介します。

 

 

水漏れの原因

シンク下からの水漏れ

シンク下からの水漏れキッチンのシンク下に水漏れの症状が見られる時には、色々な原因が考えられます。
例を挙げてみますと、給水管や給湯管、止水栓や排水栓の故障だったり、蛇腹ホース(排水ホース)の劣化や詰まりなどが考えられます。
他にも、排水溝と排水管の接続部に備え付けられているナットの緩みやパッキンの老朽化、同じくシンクと排水トラップの間にあるパッキンの老朽化なども考えられます。
このように、キッチンのシンク下からの水漏れには色々な原因が考えられるため、もしも発見した時には、まずは止水栓を止めてから原因の特定を始めましょう。
ちなみにもしもの時ではありますが、止水栓を閉めても水漏れが続くようでしたら、元栓を閉めましょう。

水栓(蛇口)からの水漏れ

キッチンの水栓から水漏れが起きた時には、水栓の内側に備え付けられているパッキンやカートブリッジの老朽化やナットの緩みが、原因として考えられます。
水栓からの水漏れは目視で確かめられるめ、症状にはすぐ気付けますが、問題は水栓のどの地点から水漏れが起きているか、という事です。
キッチンには、主にレバー1つで温度と水量を調節するシングルレバー混合水栓か、2つのハンドルで調節するハンドル混合水栓が設置されています。
まずはキッチンの水栓がどちらなのかを判別した上で、念のため止水栓を閉めてから、どの地点から水漏れが起きているのか判断しましょう。

修理方法

パーツの取り換え(ナットの閉め直し)

パーツの取り換え(ナットの閉め直し)キッチンのシンクと排水トラップの間に備え付けられているパッキンの老朽化が、キッチン水漏れの原因だった場合、同じ大きさのパッキンを取り換えるだけで解消出来ます。
シンク下の排水溝と排水管の接合部から水漏れをしている場合は、パッキンの取り換えか、ナットを閉め直すだけで解消出来る見込みが高いです。
止水栓から水漏れがしている場合も、パッキンの取り換えやナットを閉め直すだけで解消出来る見込みがあります。

本体の取り換え

キッチンのシンク下にある給水管や給湯管、蛇腹ホースや止水栓、排水栓の本体自体が劣化により破損して水漏れが起きた場合は、本体ごと取り換える必要性が出てきます。
またパッキンを取り換えたりナットを閉め直しても水漏れが解消されない場合も、本体の老朽化が疑われるため、取り換えた方が良いです。

詰まりの解消

キッチンの排水管などで何かしらが詰まって水漏れが起きている場合は、固形物(食べカス)や異物、油が原因の可能性があります。
油が原因であれば、60度以下のお湯を流すだけで解決出来る見込みがありますが、異物や固形物だと少々難しい面があります。
その場合は、ワイヤーブラシや真空式パイプクリーナーを使用するのも手段ではありますが、詰まっている地点よりも更に奥に行ってしまう可能性があります。
小さい食べカスならまだしも、大きさがそこまで小さくない異物や固形物の場合は、慎重に対しするようにしましょう。

シングルレバー混合水栓の修理方法

シングルレバー混合水栓の修理方法キッチンに備え付けられているシングルレバー混合水栓の場合、レバーの下やスパウト周り、吐水口が水漏れが起きる地点となります。
原因としては、いずれの場所にしてもバルブカートリッジの老朽化が疑われますが、スパウト周りに関しては、パッキンの老朽化の恐れがあります。
そのため、シングルレバー混合水栓の水漏れを修理する方法としては、バルブカートリッジかパッキンの取り換え、という事になります。
1つ留意していただきたいのが、バルブカートリッジは製造会社によって型番が異なるため、自分で修理する際には、きちんと同じものを買いましょう。

ハンドル混合水栓の修理方法

ハンドル混合水栓がキッチンに備え付けられている場合、ハンドルの下や吐水口、本体と吐水口を繋ぐ接合部が、水漏れする地点となります。
原因としては、ハンドル下からの場合はパッキンの老朽化もしくはナットの緩みの可能性が高いため、それらを解消するだけで修理を終えられます。
吐水口や本体と吐水口を繋ぐ接合部の場合も、原因はパッキンの老朽化が高いため、それを取り換えるだけで大丈夫です。
それでも水漏れが解消されない場合は、水栓本体が老朽化している恐れがあるため、本体を取り換える必要性が出てきます。

まとめ

キッチンで水漏れが起きた場合は、まずは止水栓を閉めてから原因を探しましょう。
そして自分で修理出来ない、もしくは自信がないという方は、修理業者に依頼しましょう。
特に、本体の取り換えやつまりの解消などは中々自分でするのは難しいので、是非検討してみてはいかがですか。

>>水道蛇口からの水漏れ修理の詳細はこちら