トイレ詰まりを洗剤や洗浄剤で解決しよう

トイレ詰まりの代表的な原因とされているのが、トイレットペーパーと排出物です。
それらが原因の場合、ラバーカップの使用がとてもオススメなのですが、家にないという方もいるのではないでしょうか。
そんな時にトイレ詰まりを解決するアイテムとして役立つのが、実は洗剤や洗浄剤なんです。
ここでは、洗剤や洗浄剤についてのありとあらゆる情報を詳しく見ていき、トイレ詰まりの参考にしていただきたいです。

 

 

家にある食器用液体洗剤

家にある食器用液体洗剤実は、どの家庭でも置いてある食器用の液体洗剤は、トイレ詰まりを解決するアイテムとなるのです。しかしながら、使用の目安量は100ccとなるので、少しばかり勿体無いと思うかもしれません。
また、お湯と併用することで更に効果のアップが見込めるので、是非そうしていただきたいです。
ちなみに、トイレ詰まりが起きてしまった便器内の水が溢れ出しそうな場合は、前もってバケツなどを用いてなるべく水位を下げておきましょう。
まずは、およそ100ccの食器用洗剤をトイレの便器内に注ぎ、その後に60度以下のお湯を慎重に注ぎましょう。
およそ20分放置した後に水位が低くなってる事が確かめられたら、トイレのレバーを引くのではなく、またお湯を慎重に注ぎましょう。
正常に水が流れ出してから、トイレのレバーを回して水を流してみましょう。

アルカリ性の洗浄剤

洗剤とは少しばかり違いますが、もしも近くに薬局がある方は、そこで購入できるトイレ専用の洗浄剤の使用もオススメです。
特にアルカリ性の洗剤であれば、トイレットペーパーや排泄物だけでなく、髪の毛や吐瀉物さえも溶かす効果を発揮できるものがあります。
他にも酸性や中性の洗浄剤がありますが、トイレ詰まりそのものを解決するのには向いていませんので、アルカリ性洗剤を使用しましょう。
使用方法は、説明書や裏書きを参考にした方が良いです。
また、アルカリ性の洗浄剤は刺激の強い薬品であるため、取り扱いには充分に気を付けましょう。

重曹とクエン酸とお湯

重曹とクエン酸とお湯洗剤や洗浄剤ではありませんが、トイレ詰まりを解決する他の方法としては、重曹とクエン酸、そしてお湯の組み合わせが挙げられます。
手順としては、4分の1カップほどの量の重曹をまずはトイレの便器内に注ぎ、その後に100mlのクエン酸(もしくは酢)を注ぎます。
最後にお湯を注ぎ、およそ1時間放置してから、バケツなどで少しずつ水を注ぎましょう。
正常に流れていく事が確認できたら、トイレ詰まりは解決した、という事になります。

お湯は60度以下で

1つ注意してほしいのが、洗剤や重曹などと併用するお湯の温度を、60度以下にすることです。
便器は陶器のため、60度以上のお湯を便器に注いだ場合、トイレ詰まりが解決しても代わりに陶器が破損するという代償を払うことになります。
ですので、お湯の温度は絶対に60度以下にするようにしましょう。

洗浄剤は予防にも

洗浄剤は予防にもアルカリ性ではなく、酸性や中性の洗浄剤は、トイレ詰まりそのものの解決には適していませんが、予防という意味では大きな役割を果たしてくれます。
例えば酸性は、排水管などに蓄積された尿石を取り除いてくれる効果を発揮します。
中性は酸性とアルカリ性、効果は下がりますがどちらの特徴も備えていて、そのうえ消臭効果が期待できる洗浄剤もあります。
そのため、トイレの水の流れが少しでも弱いなど、詰まりの前兆が見られた場合には、酸性もしくは中性の洗浄剤を使用してみましょう。
また、酸性はアルカリ性と同様、取り扱いには注意が必要です。
中性の洗浄剤はアルカリ性や酸性ほど刺激は強くありませんが、こちらも念のため、取り扱いには注意しましょう。

無理な場合は修理業者へ

洗剤や洗浄剤を用いることで、トイレットペーパーや排出物が原因によるトイレ詰まりは、解決できる見込みがあります。
しかしながら、固形物が詰まってトイレ詰まりが起こった際には、あまり有効な手立てではありません。
そのため、固形物が詰まった場合、もしくは洗剤や洗浄剤を用いても解決できなかった時には、なるべく早めに修理業者へ電話するようにしましょう。
修理業者によっては、深夜料金が追加されずに見積もりや出張費が無料という事もあるので、なるべく最善の修理業者を選ぶようにしましょう。

まとめ

洗剤や洗浄剤は、ラバーカップを自宅に置いていない時に、とても有効なトイレ詰まり解決の方法になります。
しかしながら、それはあくまでトイレットペーパーや排泄物が詰まった場合に限ります。
そして、洗浄剤やお湯を使用する際には、ご紹介したリスクについて注意を払っていただきたいです。

>>トイレ詰まりの原因についての詳細はこちら