トイレ詰まりを放置して良い時と悪い時とは

トイレ詰まりが発生した時、意外にもそのまま放置するという事が、解決手段の1つになります。
ですが、それはあくまで特定の要因によってトイレ詰まりが発生した場合に限られます。
ここでは、放置するという手段がどんな時に良いのか、そしてどんな時にその手段をとってはいけないのかをご紹介します。

トイレ詰まりを放置して良い時

トイレットペーパーを流し過ぎた時

トイレットペーパーを流し過ぎた時が、放置するという手段が取れる1つのシチュエーションになります。
トイレットペーパーは、もともと水に溶け易い特質を持っている為、時間が経てば自然に解けるからです。
トイレ詰まりが発生した時には、3時間前後の放置を基準にし、それ以上経過しても改善が見られない場合には、修理業者に電話をしましょう。

ちなみに、海外産の安価なトイレットペーパーは水に溶けにくいとされています。
時間に余裕があれば放置しても大丈夫ですが、ほぼ確実に3時間を超えて、長い時間を待たなければなりません。
ですので、その場合は放置ではなく別の手段を考えましょう。

トイレに流せる商品を流した時

トイレクリーナーやティッシュペーパーの中には、水に溶ける、つまり「トイレに流せる」と記述されているものがあります。
そういったものが要因でトイレ詰まりが発生した場合にも、放置することで解決できるケースがあります。
ですが、いくらトイレに流せるからといって、トイレットペーパーほど水に溶け易い訳ではありません。
場合によっては半日以上放置する必要があるので、早急にトイレ詰まりを解決したい時には、修理業者に電話をした方が良いでしょう。

大便が詰まった時

大便も、トイレットペーパーほどではありませんが、時間さえあれば自然に水に溶けます。その為、大便が要因でトイレ詰まりが発生したシチュエーションにおいても、放置という手段が取れます。
この場合でも、トイレットペーパーと同様に3時間ほどを基準にし、それでも改善が見られなければ、別の手段を講じましょう。
また、匂いが気になるという方は、放置をせずに別の手段を実行しましょう。

トイレ詰まりを放置してはいけない時

水に溶けないものを流した時

トイレに流して良い代物は、基本的にトイレットペーパーと大便、トイレに流しても良いと記述されているティッシュペーパーなどです。
それら以外のものを誤ってトイレに流してしまうと、詰まりが起きてしまっても不思議はありません。
そして、固形物や異物を流してしまった場合、それらは水に溶ける性質を持っていない為、放置をしても効果はありません。

ちなみに、水に溶けないものを流してしまっても、すぐに詰まりが見られないケースがあります。
ですが、そのまま放置してトイレを使用すると、それが原因でトイレットペーパー等の別のものが引っ掛かってしまい、余計に状況が深刻化する恐れがあります。
そうなってから業者に修理を依頼した場合、料金が跳ね上がるかもしれません。
ですので、誤って流してしまった際には、放置をせずに別の対策を練りましょう。

生理用品や紙おむつは特に危険

生理用品や紙おむつを、時折誤って流してしまうケースがあります。
それらの吸水性能は抜群に高い為、もちろん排水管内で破裂はしませんが、それくらいの勢いで膨れ上がります。
そうなった場合、排水管に傷が付く恐れがありますし、対処を間違えると事態が余計に深刻化します。
ですので、生理用品や紙おむつが要因でトイレ詰まりが発生した際には、すぐにプロの修理業者を呼びましょう。

まとめ

解決の手段として放置していいシチュエーションは、
・トイレットペーパー
・トイレに流せる代物
・大便
以上の3つが詰まった時に限ります。
それ以外の代物でトイレ詰まりが発生した場合には、修理業者を呼ぶ等、放置せずに別の手段を講じましょう。

>>トイレ詰まりの修理と原因の詳細はこちら