蛇口などからの水漏れ修理の詳細

洗面台や台所、浴室や屋外などの蛇口から水漏れが発生している、というケースに出くわしてしまった事がある人は、多いのではないでしょうか。
水漏れの発生には複数の原因が考えられ、自力で修理出来る事もあれば、出来ない事も往往にしてあります。
ここでは水漏れの原因と、それぞれの場所における水漏れの例を見つつ、修理方法にも言及したいと思います。

 

水漏れの原因

内側のパーツの老朽化

水漏れが発生してしまったのなら、まず予想される原因としては、パッキンやコマ、バルブなどの利用年数による老朽化です。
これらのパーツは、隙間を無くす為の内側のパーツである為、老朽化してしまうと、水漏れが起きてしまうのは仕方ありません。
特に水道周りの金具類には、ゴムパッキンが良く利用されています。
その為、少なくとも蛇口や水栓などの金具類から水漏れが起きている際には、まず初めに内側のパーツの老朽化を疑いましょう。
他にも、ハンドルやレバーから水漏れしている場合においても、内側のパーツの老朽化が予想されます。
内側のパーツの老朽化なら、自ら修理する事も可能ですが、専門的な知識と技術が必要になります。

>>パッキンの交換方法についてはこちら

接続パーツの緩み

蛇口や水栓、配管やパイプの付け根などの水道金具類、もしくはハンドルやレバーから水漏れが発生している際は、接続パーツの緩みが原因である可能性があります。
接続パーツというのは、ナットやボルトなどを指します。
自然と緩む事もありますが、地震などで緩む事もあります。
この例においては、強く締めすぎるのは禁物ですが、ナットやボルトを締めるだけで解決できる見込みがあります。

蛇口や水栓の老朽化

蛇口や水栓の老朽化配管や蛇口、水栓やハンドル、水道管やホースなどには耐用年数、つまり寿命があります。
例えば、蛇口や水栓などの水道金具の寿命は10年前後と言われており、場合によっては15年ほど利用できる事もあります。
そして、内側のパーツの老朽化だけでなく、水栓や蛇口、配管などの本体そのものが経年劣化してしまったら、水漏れが起きてしまいます。
内側のパーツだけでなく、本体そのものも消耗品である為、長く利用していれば、水漏れが発生してしまっても不思議はありません。
内側のパーツと同じように老朽化が原因であれば、本体を取り替える事で修理が可能ですが、同様に専門的な知識と技術が必要です。

フィルターの汚れ

吐水口からポタポタと水漏れが起きてしまったら、内側のパーツの老朽化や接続パーツの緩みだけでなく、汚れが原因の可能性があります。
その汚れというのは、フィルターの汚れを指し、ハンドルやレバーに異常がない際に予想されます。特にフィルターは、蛇口や水栓に網目状で設置されている事が多く、そもそもとしてゴミや汚れを取る役割を担っています。
その為、フィルターが年月と共に汚れてきてきた結果、水漏れが発生してしまう事が考えられるのです。
フィルターは、取り外しさえすれば掃除が可能です。

排水管やパイプの詰まり

蛇口の付け根や壁面の設置部分、パイプの接続部分から水漏れが起きてしまったら、排水管や配管、パイプなどに何かしらが詰まっている可能性があります。
詰まっているからこそ水が流れていかず、結果として水漏れが発生してしまうのです。
この例においては、自ら修理する方法がいくつかありますが、修理業者に頼んだ方が得策です。

蛇口の種類

シングルレバー混合水栓

特徴

自宅の台所や浴室に設置されている蛇口は大まかに2種類に分かれ、その1つがシングルレバー混合水栓です。
シングルレバー混合水栓とは、レバーを左右上下に動かして位置を調節する事で、温度や水量を調整する機能を持つ蛇口です。
近年では、シングルレバー混合水栓が設置されている自宅が増加しています。
シングルレバー混合水栓が水漏れを発生する箇所は大まかに4つに分かれ、レバーの下やスパウト周り、止水栓の接続部や吐水口からです。

水漏れのケースと修理方法

レバーの下からの水漏れ

蛇口から水を出している時に、レバーの下からも一緒に水が出てしまうケースです。
レバーの下から水漏れが起きた場合には、レバー内にあるバルブカートリッジが、年数によって老朽化している事が予想されます。
バルブカートリッジも消耗品である為、自然と直る事はなく、修理方法としては、同じ型番のバルブカートリッジとの取り替えが適切です。
ちなみに、吐水口から水漏れが起きている際には、フィルターの汚れだけでなく、カートリッジの経年劣化も予想されます。

スパウト周りからの水漏れ

スパウトとはレバーの下部にあり、そこから吐水口が伸びているので、言わば蛇口の胴体と言っても差し支えはありません。
レバーと同じように、蛇口から水を出しているのと一緒にスパウト周りからも水が出ていたら、水漏れという事になります。
スパウト周りの水漏れであれば、バルブカートリッジか内側のパーツの老朽化が予想されます。
バルブカートリッジ、もしくは内側のパーツの経年劣化であれば、その部分だけを取り替えれば修理完了です。
しかしながら、両方とも老朽化が見られるのなら、水栓自体を取り替えた方が得策です。

止水栓の接続部からの水漏れ

蛇口そのものではなく、止水栓の接続部から水濡れが発生するケースも考えられます。
このケースにおいては、シンクの下に水が溜まっていないと気付きにくいです。
止水栓の接続部から水漏れしている場合には、ナットなどの緩みや内側のパーツの経年劣化が原因として予想されます。
その為、ナットなどの緩みであれば強すぎない程度に締めていき、内側のパーツの経年劣化であれば取り替えるのが、最適な修理方法になります。

ハンドル混合水栓

特徴

ハンドル混合水栓とは、古くから存在しているタイプの蛇口で、通常は温水と冷水に分類された2種類のハンドルが設置されています。
そして、ハンドルをどれだけ回したかで、水量を調節する仕組みになっています。
ハンドル混合水栓は、シングルレバー混合水栓と違い作りが単純なので、破損しにくく、なおかつ修理しやすいです。

水漏れのケースと修理方法

ハンドルの下からの水漏れ

ハンドル下からの水漏れハンドルは毎日利用するからこそ、本体とハンドルの結合部が経年劣化しやすい部分となっています。
その為、ハンドルの下から水漏れが発生してしまう原因になるのです。
このケースにおいては、コマやパッキンなどの内側のパーツの経年劣化が予想されます。
また、可能性は低いものの、ナットの緩みも考えられます。
修理方法としては、内側のパーツの取り替えか、ナットを強すぎない程度に締めるのが最適です。

吐水口パイプと本体の接続部から水漏れ

多くの吐水口パイプは、左右に動かせるようになっているので、内側のパーツは老朽化しやすい部分となっています。
このケースにおいても、内側のパーツの取り替えが適切な修理方法となります。

吐水口からの水漏れ

シングルレバー混合水栓と異なり、ハンドル混合水栓の吐水口から水漏れが発生している際には、内側のパーツの経年劣化が予想されます。
その為、このケースにおいても、適切な修理方法は内側のパーツの取り替えとなります。

場所毎の水漏れの原因と修理方法

台所

台所であれば、蛇口や排水栓、止水栓やホースからの水漏れが予想されます。
蛇口から水漏れが起きてしまった場合では、先程ご紹介したような修理方法で対処できます。
止水栓や排水栓も、水漏れの原因となっているパーツを取り替えれば、修理完了となります。
経年劣化によりホースが破裂してしまったケースならば、ホースごと取り替えましょう。

>>台所の水漏れ修理についてはこちら

洗面台

洗面台洗面台では蛇口からの水漏れだけでなく、排水トラップや洗面台の下、シャワーヘッドからの水漏れも予想されます。
排水トラップからの水漏れであれば、汚れや異物が詰まっている可能性があるので、詰まりそのものに対処する必要があります。
洗面台の下からの水漏れ、もしくは湿り気が感じられるのなら、排水管の不具合や内側のパーツやホースの経年劣化が考えられます。
シャワーヘッドからの水漏れは、内側のパーツの経年劣化、もしくはナットやネジの緩みが考えられます。
その為、パーツ本体の取り替え、もしくは緩みをなくせば修理出来ますが、詰まりに関してはなかなか一筋縄ではいきません。

浴室の水濡れ

浴室だと、蛇口やシャワーヘッド、もしくはパイプの接続部からの水漏れが予想されます。
いずれにしても、内側のパーツの経年劣化や接続パーツの緩みが原因の可能性がある為、修理方法は特にご紹介した方法と変わりありません。

屋外蛇口の水漏れ

屋外蛇口の水漏れであれば、蛇口や排水パイプ、水道管そのものの経年劣化や破裂などが原因として予想できます。
蛇口であれば自力で取り替える事で修理可能ですが、水道管や排水パイプとなると、大掛かりな作業になってしまいます。
ですので、修理業者に頼んだ方が得策です。

自力で修理する際の注意点

シングルレバー混合水栓やハンドル混合水栓における修理方法や、場所ごとに発生する水漏れのケースと修理方法をご紹介しました。
しかしながら、注意しなければいけない点はいくつもあります。
まず1つ目は、点検や修理やパーツの取り替えをする際には、止水栓や元栓を閉める必要性があります。
唐突に水が溢れ出してしまう恐れがあるので、前もって締めておく事で、点検や作業に集中できるようになります。
2つ目に注意しなければならない点は、どこから水漏れが発生していて、何が原因なのかを調べる事です。
発生している原因を確かめ終えたら、パーツを取り替えるのか、本体そのものを取り替えるのか、もしくは緩みをなくすだけなのかを判断しましょう。
しかし、ここが最も注意しなければならない点なのですが、原因を確かめる為には、蛇口などを分解しなければなりません。
きちんと説明書などを見て構造を完璧に覚えていれば、特に問題はありません。
ですが、例えば分解してせっかくパーツを取り替えたとしても、間違った方法で元に戻してしまうと、より水漏れが悪化する恐れがあります。
ですので、水漏れを自力で修理するには、一定以上の専門的な知識と技術が必要となってくるのです。

修理業者を呼ばないといけないケース

水漏れを早急に修理したい時

水漏れが発生してしまい、自力で修理する時間が十分に確保出来ない時は、修理業者に頼むのが得策です。
一定以上の専門的な知識や技術を持っていないと、より一層修理に時間を費やしてしまう恐れがあるからです。
また、パーツや本体の取り替えであれば、自分でホームセンターに買いにいかなければなりません。
修理業者によっては30分以内で駆け付けてくれるので、早急に直したいと思っている方は、修理業者に頼みましょう。

原因や修理方法が分からない時

水漏れが起きた際に、自ら修理しようと思う方は少なくないのではないでしょうか。
しかしながら、専門的な技術や知識、そのどちらかが欠けているとしたら、修理業者に頼んだ方が得策です。
例えば、修理の技術に自信があったとしても、水漏れの原因を特定できなければ、修理に取り掛かる事ができません。
反対に、蛇口などの構造を充分に理解出来る知識があったとしても、分解して修理できるだけの技術がなければ、修理は容易ではありません。
最悪のケースは、より水漏れが悪化してしまって最終的に修理業者に頼んだ際に、更に修理料金が跳ね上がる事です。
それを回避する為にも、専門的な技術と知識、そのどちらかが十分でないと思ったら、修理業者に頼みましょう。

修理業者を選ぶポイント

見積もりなどの料金体系

蛇口などから水漏れが発生してしまって修理業者に頼む際には、いくつか業者を選ぶポイントがあります。
その1つが、見積もりなどを含めた料金体系です。
見積もりが無料な修理業者もあれば、有料な修理業者も存在します。
評判が良いとされる修理業者は、見積もりを無料で行っている場合がほとんどで、修理に取り掛からない限り、料金が請求される事はありません。
また、出張費や夜間料金が掛からない修理業者も存在するので、料金を重視したいという方は、そういった修理業者がオススメです。

即日対応・修理してくれるかどうか

水漏れが起きた際、出来るだけ早急に修理してほしいと考えている方が多いです。
その為、修理業者を選ぶ時には、電話一本で即日対応、もしくは修理をしてくれるかどうかがポイントになります。
公式サイトなどで即日対応が可能か調べられますし、電話でいつ来てくれるのか実際に確認するのもオススメです。
スイドウサービスであれば、夜間においても即日対応致します。

まとめ

水漏れが発生してしまった際には、まずは一旦冷静になり、ケースによっては止水栓や元栓を締めましょう。
水漏れの原因によっては、自力で修理できる事もあります。
しかしながら、一定以上の専門的な技術や知識がないと、より事態が悪化する恐れがあります。
ですので、スイドウサービスに頼むという選択肢を加えてみてはいかがですか。