トイレ詰まりを予防するには

トイレ詰まりというトラブルに直面した経験がある方は、多いのではないでしょうか。
起きてしまったらとても厄介ではありますが、予防対策を常日頃から実践する事で、多少なりとも未然に防ぐ事ができます。
今回は、トイレ詰まりの予防について詳しくご紹介します。

トイレ詰まりを予防する為のポイント

予防対策1:トイレ詰まりの原因を知る

トイレ詰まりを予防するポイントとして大事なのは、起きてしまう原因を知る事です。
もちろん予防対策を実践する事も大事ではありますが、原因を知っていると知っていないとでは、トイレを使用する際の意識に差が生まれるのです。
以下では、トイレ詰まりの主な原因とされている要素を3つほどご紹介します。

トイレットペーパーの流し過ぎ

トイレットペーパーの流し過ぎは、トイレ詰まりが頻繁に起きる原因とされています。
要するに、一定量以上のトイレットペーパーを一気に流してしまうと、排水管などでギュウギュウに詰まってしまい、水が流れなくなるのです。
もしもトイレットペーパーが原因だった場合、いくつか自力で対処できる方法があるのですが、やはり起きないに越した事はありません。
ですので、常日頃からトイレットペーパーは小まめに流すように注意しましょう。

排泄物

排泄物もトイレットペーパーと同様に、トイレ詰まりが頻繁に起きてしまう原因とされています。排泄物が硬かったり、もしくは量が多かったりすると、きっちりと排水管を流れてくれないからです。
量が多いと感じたら、トイレットペーパーを使用する前に流す事が、予防方法の1つになります。
排泄物が硬いと思った場合には、トイレに流す前にそれなりに砕いてから流すのも予防になります。
ですが、排泄物の硬さの原因が便秘だった場合、外出先でトイレ詰まりを気にしてしまうというケースがあります。
そのため、便秘の改善というのも、トイレ詰まりの予防方法の1つになります。

異物を流してしまった

この場合の異物というのは、トイレットペーパーや排泄物以外の、トイレに本来流してはいけない代物の事を指します。
ですので、紙オムツや生理用品も含めた固形物だけでなく、トイレットペーパーやトイレクリーナーなどの紙類も含まれます。
トイレットペーパーは、意図的に水に溶けやすいように作られていますが、それ以外の紙類はそもそもとして水に溶けやすい特性を持っていません。
ですので、常日頃からトイレには、予防としてトイレットペーパーと排泄物以外は流さないように気を付けましょう。

予防対策2:水洗いレバーを上手く使い分ける

水洗いレバーには、通常「大」と「小」に分かれていて、それらはもちろん大便用か小便用かの違いになります。
小便をした時に間違えて「大」で流すぶんには大丈夫ですが、その逆、要するに大便を「小」で流してしまうと、トイレ詰まりが起きる確率が上がってしまいます。
確かに「小」でも大便は流せるのかもしれませんが、基本的に排水管はS字に作られているため、「小」だと勢いが弱くて奥まできっちりと流れない可能性があるのです。
ですので、節水目的であっても、予防のために水洗いレバーは上手く使い分けましょう。

予防対策3:常日頃からトイレ掃除をしっかり行う

常日頃から掃除を行う事も、トイレ詰まりの予防方法の1つになります。
排水管に尿石などの汚れが溜まってしまい、それが原因でトイレ詰まりが起きてしまう事があるからです。
定期的なトイレ掃除という意味では、即効性の強い洗剤を使う必要はないため、詰まりの予防に適した洗剤を使用するようにしましょう。

予防対策4:間違った節水対策をしない

水洗いレバーも含めてなのですが、タンク内にペットボトルを入れたり、止水栓を調節してタンクから流れる水の量を意図的に抑えて節水している、という方がいるのではないでしょうか。
ですが、それらの節水方法は、トイレ詰まりが起きてしまう原因となってしまいます。
水の流れが弱いと、水圧が足りないため、トイレットペーパーや排泄物がきっちりと流れていかず、結果としてトイレ詰まりが起きてしまうからです。
もしもトイレ詰まりが起きてしまって修理業者に依頼した場合、事態によっては節水した金額分では賄えない代金が発生するかもしれません。
節水はもちろん悪い事ではありませんが、トイレにおける節水はあまり推奨できませんので、間違った節水方法を行うのは控えましょう。

まとめ

トイレ詰まりは、予防する事である程度は事前に防ぐ事ができます。
ご紹介した予防方法は手間なく実践できるため、参考にしていただきたいです。
ですが、予防したとしても起きてしまう場合があるので、そんな時には修理業者に依頼しましょう。

>>トイレ詰まりの修理と原因の詳細はこちら

自分で行う水回りの修理にはリスクがあります。
早く確実に修理をお考えならプロのスイドウサービスへお任せ!


お急ぎの方はこちらまで!

緊急対応・24時間年中無休0120-688-333 0120-688-333

水回り無料電話相談 受付中!
水道工事のプロが優しく無料でアドバイスします!

無料電話相談窓口0120-667-300 0120-667-300