トイレ詰まりの時のラバーカップの使用方法

トイレ詰まりが発生してしまった時、解決の手段としてラバーカップ(スッポン)を思い浮かべる方はたくさんいるのではないでしょうか。
ラバーカップを使えば、確かにトイレの詰まりのトラブルも解決できますが、それは正しい使い方をしてこそ。
ここでは、トイレ詰まりが解決できるように、ラバーカップの正しい使用方法を詳しく解説します。

ラバーカップの種類

ラバーカップには、基本的に洋式用と和式用の2種類に分かれています。
具体的な違いとしては、和式用ラバーカップのゴム部分がお碗型になっていて、反対に洋式用ラバーカップは、ゴムの中間部分に出っ張りがある事です。
形が違うとカップが持つ生来の力を発揮できないので、詰まりが起きた時には、トイレが洋式か和式かを確認して使いましょう。

トイレの排水口のサイズを確認して選ぶ

洋式のトイレの排水口には、様々なサイズがあります。
その為、大きさをよく確かめずにホームセンターなどで購入してしまうと、効果をうまく発揮してくれません。

トイレの排水口のサイズも確認した上で購入してください。

ラバーカップ使用のコツ

真空状態で使用する

ラバーカップは、真空状態で使用しないと強い効果を発揮出来ません。
トイレの排水口の大きさに合ったラバーカップを使う必要があるのは、真空状態を作る為なんです。

真空状態を作る為には、まずはゴム部分が完全に浸るまで便器内に水を貯めておきましょう。

水が多い時は汲み取る

水が便器から今にも溢れ出しそうな時には、事前にバケツなどを使って排除しましょう。
あくまで、ラバーカップのゴム部分が浸るだけの水量があれば充分です。

ビニール袋を活用する

ビニールの活用ラバーカップを使用する時に、汚水が飛び散ってしまう懸念が十分にあります。
ラバーカップを使用する際には、ビニールを使ってトイレの便器とその周りの壁を覆いましょう。
ラバーカップは真空状態で使う道具なので、カップを引いた後に思い切り水が飛び散る可能性もあるので、準備は欠かせません。

使うビニール袋はトイレの便器が覆えるくらいのゴミ袋など使うのがおすすめです。
その後、ラバーカップの柄が通るだけの穴を開け、そこに柄を通しましょう。
透明なビニール袋にしないと便器内が見えないので注意してください。

便器をビニールで覆えたら次はトイレの壁なども念のためビニールで覆いましょう。
このビニールも、ゴミ袋などを切って壁に簡単に貼っておいてください。
これで、実際に作業を行う準備は万端になります。

押すではなく引くように使用する

ラバーカップ自体は、学校のトイレなどで使ったことがある方もいますよね。
その時、「うまく使えないなぁ」と感じた経験がある方もいるのではないでしょうか。

実は、ラバーカップは押して使うものではありません。
押す作業よりも引く作業の方が重要なんです。

それは、そもそもラバーカップは、真空圧を使ってトイレの詰まりを解消するものだからです。
ただ押して使うだけではうまく真空状態を作ることができず、効果を発揮出来ません。

真空圧を生み出すには、ラバーカップを排水口と並行になるようにるまで押し込み、最後に力一杯引き抜くことです。
正しく利用して、トイレの詰まりのトラブルを解決させましょう。

ラバーカップ使用後の確認ポイント

ラバーカップを使用したら、無事に詰まりが解消されているかどうかの確認は必須です。
確認にはバケツに貯めた水を使います。
一気に流さず、少しずつ流していきます。

きちんと水が流れていくことを確かめてから、レバーを引くようにしましょう。

ラバーカップ使用の注意点

ラバーカップを使用する際の注意点について詳しく解説していきます。

水に溶けない異物の場合

トイレに落としたのがスマートフォンやボールペンなどの場合、無理やり取ろうとすると異物が更に奥に行って、修理費用が高額になる可能性があります。

トイレの排水口を目で見て異物を確認出来ないなら、自力で解決しようとせず業者を呼びましょう。

吸水性のある異物の場合

吸水性のある異物の場合オムツや生理用品を流したと思われる時は、自力で解決するのは困難です。
オムツなどは吸水性があるものなので、放置しているだけでも膨らんでいきます。

また最悪の場合、排水路の中で水の流れをせき止めるだけではなく、排水管自体を傷つけてしまう可能性もあります。
吸水性のあるものを詰まらせたら、業者を呼ぶことが最優先です。

ラバーカップを使用した後のお手入れ方法

ラバーカップはゴム製です。
使用した後、洗剤や漂白剤などで洗浄してしまうと、ゴムが劣化する危険性があります。

その為、ラバーカップを使った後は水洗いのみを行い、お日様の下で乾かしてください。
また、半乾きの状態でケースに戻すと、トイレの雑菌が増えてしまう原因にもなります。
必ずしっかり乾いた状態でケースに保管しましょう。

ラバーカップを使っても詰まりが解消されない場合

ラバーカップを使ってみても、うまく詰まりを解消出来るかどうかはわかりません。
思っていたよりも多くの異物が詰まってしまっていたり、奥まで入ってしまっているかもしれないからです。

その場合、詰まりを解消する方法としてあげられるのは主に以下の4点です。

・お湯を流してみる
・真空式パイプクリーナーを使ってみる
・ローポンプを使ってみる
・業者を呼んで解決してもらう

更に詳しい解説に移ります。

お湯を流してみる

トイレの詰まりを引き起こしたものが、「水に溶けるもの」であることが確定しているならお湯を使うのもおすすめです。
お湯なら、水よりも早く溶かすことが出来るからです。

ただ、お湯の温度は40〜50度くらいです。
もし沸騰しているお湯を流すと、便器が高温に耐えられずに割れてしまう場合があります。

便器が破損してしまうと、更に高額な修理費用がかかるので気を付けましょう。

真空式パイプクリーナーを使ってみる

真空式パイプクリーナーは、ラバーカップよりも少し本格的な道具になります。
ポンプ構造になっているので、更に強い吸引力と圧力を一気にかけることができます。
値段は2000円ほどからで、ホームセンターなどで購入することができます。

ラバーカップでも詰まりが解消されなかったら、まずは試してみるべき道具です。

ローポンプを使ってみる

ローポンプは、真空式パイプクリーナーよりも更に強力な圧をかけることができる専用ポンプです。実際にプロの業者が使うこともあり、簡単に言うと、機械式のラバーカップのようなものです。
一般的には、ラバーカップの5倍近い圧力を出すことが可能だと言われています。

ローポンプもホームセンターなどで購入することができますが、15,000円程度するので自分で購入するにはハードルは高めです。
自分で詰まりを解決したい、という方以外は業者に頼んだ方が安く済むこともあるので、状況によって判断しましょう。

業者を呼んで解決してもらう

業者を呼んで解決してもらう真空式パイプクリーナーや、ローポンプなどを使ってみても解決出来なかったり、水に溶けないような異物を流してしまった場合には、業者を呼びましょう。
自分で無理に直そうとして余計に修理費用がかかりそうなら、最初の段階で業者に相談する方が解決が早いと言えます。

まとめ

排泄物やトイレットペーパーがトイレ詰まりの原因の時には、ラバーカップの使用はとてもオススメです。
反対に異物が詰まった時には、ラバーカップの使用リスクをきっちり考慮しましょう。
そして、場合によっては迷わずに修理業者に依頼するようにしましょう。

>>トイレ詰まりの修理と原因の詳細はこちら