トイレ詰まりの時のラバーカップの使用方法

トイレ詰まりが発生してしまった時、解決の手段としてラバーカップ(スッポン)を思い浮かべる方はたくさんいるのではないでしょうか。
確かにラバーカップは有効な手段になりますが、それは正しい使い方をしてこそです。
ここでは、トイレ詰まりが解決できるように、ラバーカップの正しい使用方法を詳しく解説します。

 

 

ラバーカップの種類

ラバーカップには、基本的に洋式用と和式用の2種類に分かれています。
具体的な違いとしては、和式用ラバーカップのゴム部分がお碗型になっていて、反対に洋式用ラバーカップは、ゴムの中間部分に出っ張りがある事です。
形が違うとカップが持つ生来の力を発揮できないので、詰まりが起きた時には、トイレが洋式か和式かで、専用のラバーカップを使うようにしましょう。

ラバーカップ使用のコツ

真空状態での使用

ラバーカップは真空状態で使用しないと強い効果を発揮しないため、まずはゴム部分が完全に浸るまで便器内に水を溜めましょう。
しかしながら、水が便器から今にも溢れ出しそうな時には、事前にバケツなどを使って排除しましょう。
あくまで、ラバーカップのゴム部分が浸るだけの水量があれば充分です。

ビニールの活用

ビニールの活用ラバーカップを使用する時に、汚水が飛び散ってしまう懸念が十分にあります。
汚水が飛び散った後に掃除をするのは面倒ですし、何よりも自分の洋服に掛かってしまうのは嫌ですよね。
そんな時には、透明なビニールを活用しましょう。
トイレの便器を覆える程の大きさのビニール袋に、ラバーカップの柄が通るだけの穴を作り、そこに柄を通せば準備完了です。
ちなみに、透明でないと便器内が視認できないため、その点には注意しましょう。

押すではなく引くように使用する

誤解されている方が多いのですが、ラバーカップは詰まったものを押し込むのではなく、引き戻すように使用するのが効果的です。
ラバーカップの使用の目的は、真空圧によるトイレ詰まりの解消のため、押し込むように使用してしまっては、真空圧を上手く生み出せません。
真空圧を生み出すには、ラバーカップを排水口と並行になるようにゆっくりと水が浸るまで押し込み、最後に力一杯引き抜くことです。

ラバーカップの使用後は?

ラバーカップの使用後は?詰まりが解消されているか確かめるためには、ラバーカップの使用後に、バケツに貯めた水を便器に流し込んでみましょう。
きちんと水が流れていくことを確かめてから、レバーを引くようにしましょう。
ラバーカップはゴム製のため、使用した後に洗剤などで洗ってしまっては、逆に状態が悪化します。
ですので、ラバーカップをトイレ詰まりのために使用した後は、すぐに水洗いをしてお日様の下で干すことが、臭いなどを防ぐ効果的な方法です。
しっかりと乾いていることが確かめた後には、ケースに仕舞いましょう。

ラバーカップ使用の注意点

ラバーカップの使用は、基本的にトイレに流せる大便やトイレットペーパーが原因で、トイレ詰まりが起きた時に限ります。
スマホなど元来は流すようなものではない異物がトイレ詰まりの原因になってしまった時に、ラバーカップを使用すると、それなりのリスクを抱えてしまうからです。
引き戻すようにラバーカップを使用したとしても失敗した場合、更に排水路の奥へと流れてしまいます。
そこで最終的に修理業者を呼んだとしても、料金が余計に高くなってしまう恐れが大いにあるのです。
そのため、異物が原因でトイレ詰まりが発生した時に、ラバーカップの使用はあまりオススメできません。
それでもラバーカップを用いる場合は、リスクを承知の上で行いましょう。

オムツや生理用品は危険

オムツや生理用品は危険オムツや生理用品が原因でトイレ詰まりが発生した時には、ラバーカップの使用は控えましょう。
それらは吸水性能がとても高いため、排水路内でパンパンに膨れ上がっている恐れがあります。
そんな時にラバーカップを使用してしまうと、引き戻すどころか更に奥へと流れていき、余計に取り出すことが困難になります。
最悪のケースは、排水路の奥の排水管を傷付ける恐れも十分にあるため、修理料金が跳ね上がります。
ですので、トイレ詰まりの原因がオムツや生理用品だった場合は、すぐに修理業者を呼びましょう。

まとめ

排泄物やトイレットペーパーがトイレ詰まりの原因の時には、ラバーカップの使用はとてもオススメです。
反対に異物が詰まった時には、ラバーカップの使用リスクをきっちり考慮しましょう。
そして、場合によっては迷わずに修理業者に依頼するようにしましょう。

>>トイレ詰まりの修理と原因の詳細はこちら