異物によるトイレ詰まりの解説

トイレ詰まりが発生してしまう主な原因と考えられているのが、トイレットペーパーや排出物です。
しかしながら、ついうっかり異物(固形物)を流してしまって、トイレが詰まってしまう事があります。
異物を誤って流した時の処理の方法は、トイレットペーパーや排出物による詰まりとはだいぶ異なってきます。
今回は、異物を誤って流した時の処理の方法をメインに据えて、詳細な情報をご紹介します。

 

異物を流してしまうことがよくある

トイレに流していいものは、基本的に「水」と「トイレットペーパー」、そして「人間の排出物」の3つです。
多くの方が、それ以外の物を流さないように気を付けているのですが、無意識に誤って流してしまうというケースがあります。
また、お子さんがいるご家庭では、お子さんが誤って流してしまうということもよくあります。
排水路は基本的にS字になっているので、水に溶けにくい異物が原因で詰まってしまった場合は、勝手にトイレ詰まりが解決されることはありません。
他によくあるケースとして、異物を誤って流してしまっても、トイレ詰まりが発生していないことです。
しかしながらそのまま放置すると、いずれトイレ詰まりが発生する恐れがあるので、早めに処理しておいた方が得策です。

やってはいけないこと

水を流さない

異物を流してトイレ詰まりが起きてしまった際、まずやってはいけないことの1つが、強引に水で流すことです。
自分にとって大事な物を誤って流してしまったケースでは、強引に水に流すことはないかもしれません。
しかしながら、あまり重要ではないものだった時には、強引に流してしまうことがありますが、それは余計に事態が深刻になる恐れがあります。
結果的に修理業者に依頼した時に、料金が跳ね上がる恐れがあるので、異物によるトイレ詰まりが発生した時には、強引に水で流さないようにしましょう。
また、異物を流してしまったにもかかわらず、トイレ詰まりが発生していない時においても、強引に水で流すのは控えましょう。

ラバーカップやワイヤーブラシは活用しない

ラバーカップやワイヤーブラシは、トイレットペーパーや排出物が詰まった際には、とても有効な処理する方法ですが、異物の時は事情が異なってきます。
どちらも、あくまでトイレに流していいものを流し込み器具なので、異物が詰まった際に活用すると、更に奥へと流れ込んでしまう事があります。
そして、とても大事なものを流してしまったら、活用することで傷付けてしまうことも考えられます。

処理する方法

まずは手で探る

目視で異物(固形物)が確かめられなくても、まずは使い捨てのゴム手袋をはめて取り出せるか試してみましょう。
この方法で取れることに越したことはないのですが、もしも何か引っ掛かりを感じた際、修理業者に依頼することがオススメです。
その場合は、部品などが原因で引っ掛かっていることがあるので、強引に取り出そうとすると破損するだけでなく、詰まりが悪化する恐れもあります。
一応手袋をはめたとしても、探った後は念のために手をよく洗うようにしましょう。

汚水枡(おすいます)を封じる

汚水枡とは、詰まりを防ぐために、排水管の合流地点や勾配地点に設置された設備のことです。
基本的に汚水枡は、トイレ近くの屋外に設置されていて、マンホールとは見た目が異なるだけでなく、深さも異なります。
マンホールは、10メートル以上の深さのものがありますが、汚水枡の深さはおよそ1メートルです。
強引に水で流していない時、異物はもしかしたら便器内の排水路など、近い場所で詰まっている見込みがあります。
詰まった際には、異物が流れていかないように、スコップを差し込んで汚水枡を封じましょう。
留意してほしいのは、汚水枡を封じるというのは、あくまで異物がこれ以上流れていかないようにするためなので、排水管自体を傷付けてはいけません。
そして、この方法は一戸建ての住宅に限った方法の上、そもそもとして汚水枡を開くためには、専用の工具などが必要です。

通水テストを実行する

汚水枡を封じた後は、異物によるトイレ詰まりが発生しているかを判別する通水テストを実行します。
既にトイレ詰まりが発生している際には、このテストを実行すると便器から水が漏れてしまう恐れがあるので、控えましょう。
通水テストを実行する方法は簡単で、ゴルフボールサイズに丸めたトイレットペーパーを6〜7個ほどを作って、一気に流しましょう。
そして通水テストは、水を流す人と汚水枡を確かめる人の2人がかりで実行するようにしましょう。

通水テストの後

通水テストを実行した結果、トイレットペーパーと共に汚水枡に異物が流れてきたら、そこで終了となります。
トイレットペーパーだけが流れてきた際には、異物が汚水枡よりも先の排水管へと流れてしまった可能性が考えられます。
後にトイレ詰まり以上のトラブルが発生するかもしれないので、その時には、修理業者を呼ぶようにしましょう。
異物だけでなく、トイレットペーパーも流れてこない時には、汚水枡の前で詰まっている見込みがあります。
その時には最後の手段として、ラバーカップを活用しましょう

ラバーカップの活用

ラバーカップの活用はあくまで最後の手段で、汚水枡をきちんと封じているという前提です。
通水テストをしなくてもトイレ詰まりが起きている時、もしくはテストの結果、異物とトイレットペーパーが流れてこなかった時に活用しましょう。
もしも、ラバーカップを活用し誤って異物が流れてしまっても、汚水枡を確かめているいる人がいれば安心です。
1つ留意してほしいのは、もし取り出せたとても、異物を傷つけてします恐れがあることなのです。
しかしながら、異物が流れてしまった時点で、もし修理業者が対処を試みても、傷付くことは避けられないことが多いです。

修理業者に頼むケース

最終手段としてラバーカップを活用しても処理できない際は、修理業者を呼びましょう。
それ以上の作業は、専用の器具などを用いないと厳しいからです。
また、紙ナフキンや生理用品が原因で詰まった場合には、ご紹介したような方法は実行しない方が良いです。
紙ナフキンや生理用品は吸水性能が抜群なので、排水路や排水管内でパンパンに膨れ上がっている恐れがあります。
ですので、ご紹介した処理するための方法が効果を発揮しにくく、最悪の場合は排水管が傷付いてしまい、大規模工事に発展してまうことです。
紙ナフキンや生理用品などの吸水性能が抜群な異物を流してしまい、トイレ詰まりが発生してしまった時には、すぐに修理業者に電話をしましょう。

まとめ

異物もトイレ詰まりが起こる原因の1つなのですが、厄介なのはトイレットペーパーや排出物と異なり、勝手に溶けることがまず期待できない事です。
そのため、誤って異物を流してしまい、もしもトイレ詰まりが発生していない時であっても、きちんと処理するようにしましょう。

>>トイレ詰まりの修理と原因を徹底解説

自分で行う水回りの修理にはリスクがあります。
早く確実に修理をお考えならプロのスイドウサービスへお任せ!

見積もり・出張依頼・お問合せはお電話で!

24時間365日即日対応 0120-688-333 0120-688-333