重曹を使って排水口を掃除する方法とは

排水口のしつこい汚れやイヤな臭いなどは、普段生活する中でどうしても気になってしまうものですよね。
しかし掃除をしようにも、汚い気がしてなかなか手をつけることができないという人も多いのではないかと思います。
そこで活躍するのが、「重曹」です。重曹を使うことで、ほとんど手を汚さずに排水口をキレイに掃除することができるのです。
今回はそんな、重曹を使った排水口の掃除方法をご紹介いたします。

重曹を使った排水口掃除に必要なもの

重曹

重曹で排水口を掃除する人まずもちろん欠かせないのが「重曹」です。
重曹はその正式名称を「炭酸水素ナトリウム」または「重炭酸ナトリウム」といいます。市販されているものに関しては、それらの名称もしくは「重炭酸ソーダ」「重曹」などのいずれかの名称で販売されています。
いずれにせよ、成分表示を見てそれが重曹であると判断できれば、どのようなものを選んでも大丈夫です。
ちなみに、重曹にはその純度によって「工業用」「食用」「医療用」の3種類があり、それぞれ価格も異なります。効果はどれも同じですが、掃除に適しているのは工業用もしくは食用ですので、そのどちらかを選ぶようにしましょう。
小さなお子様やペットがいるご家庭に関しては、過って口に含んでしまう可能性も考えられるため、食用のものを使用することをおすすめします。

クエン酸

クエン酸は、「クエン酸」や「無水クエン酸」という製品名で販売されています。裏面の成分表に「クエン酸」という表示があれば、どのようなものを選んでも大丈夫です。
クエン酸にも重曹と同じように、その純度によって工業用、食用、医療用の3種類があります。どれも効果は同じですが、掃除に適しているのは工業用もしくは食用であるため、そのどちらかを選ぶようにしましょう。
ただしこれも重曹と同様、小さなお子様やペットがいるご家庭の場合は、食用を選びましょう。工業用のクエン酸は不純物も多く含まれており、「食用使用不可」という注意書きがされています。

スポンジ

重曹とクエン酸で落としきることができなかった汚れなどを落とすために、「スポンジ」を使用します。
ご自宅で普段からシンクの掃除に使用しているもので十分ですが、表面に凹凸のあるスポンジの方がよりしっかりと汚れを落とすことができます。
ただし、金属製のスポンジなどは排水口の表面を傷つけてしまう可能性があるため、使用しないことをおすすめします。

重曹を使った排水口掃除の手順

排水口に溜まっている水をはけさせる

まず、排水口の中に溜まっている水をズポンジで吸い取ります。吸い取った水は、パイプの中に絞って捨てれば大丈夫です。
この際にタオルを使うという方もいますが、タオルでは狭いパイプの中に上手く水を捨てることができませんし、タオルが汚れてしまうため、ここではスポンジを使うのが最も望ましいでしょう。
排水口の水がしっかりはけていなければ、重曹とクエン酸が薄まってしまい掃除の効果が半減してしまうため、この工程は確実に行うようにしましょう。

重曹とクエン酸の混合液を作る

重曹とクエン酸を混ぜて、排水口の掃除に使用する混合液を作ります。
まず、重曹120gとクエン酸9g(大さじ1杯)をボールに入れます。そこにお湯を100cc入れ、混ぜ合わせて溶かします。
多く紹介されている方法として、先に重曹を排水口に振りかけてからクエン酸を流し込むというパターンもあります。この方法でも汚れを落とすことができますが、これでは排水口やパイプの表面に十分に成分を密着させることができません。あらかじめ混ぜ合わせた密度の高い混合液を流すことで、ゆっくりと流れ落ちてゆき、しっかりと反応させながら汚れを落とすことができるのです。
重曹とクエン酸を混ぜ合わせると反応によって泡立つため、やや大きいサイズのボウルを使うことが好ましいです。

重曹とクエン酸の混合液を排水口に流し込む

重曹とクエン酸の混合液を作ったら、それを排水口の中に流し込んでいきます。
泡立ちが活発なうちに流し入れると、混合液が汚れとよく反応してより効果的に汚れを落とすことができます。
流し入れた後は、泡立ちがなくなってから5分ほどおきます。

お湯で洗い流す

排水口を流れていくお湯5分おいたら、排水口の中にお湯を流して混合液と汚れを洗い流します。汚れが残る部分があれば、スポンジで軽く擦って流しましょう。
この際、熱湯を流し込んでしまうと、排水口のパイプが傷んでしまう恐れがあります。沸騰させたお湯ではなく、流しから出る最も高い温度のお湯を使用するようにしましょう。

まとめ

今回は、重曹を使って排水口を掃除する方法についてご紹介してきました。
汚れた排水口の掃除はどうしても気が引けてしまいますが、重曹とクエン酸を用いることで簡単にキレイにすることができます。
排水口の汚れやニオイが気になったら、ぜひこちらの方法をお試しください。

>>キッチンの排水詰まりについてもっと詳しく知りたい方はこちらへ

自分で行う水回りの修理にはリスクがあります。
早く確実に修理をお考えならプロのスイドウサービスへお任せ!


お急ぎの方はこちらまで!

緊急対応・24時間年中無休0120-688-333 0120-688-333

水回り無料電話相談 受付中!
水道工事のプロが優しく無料でアドバイスします!

無料電話相談窓口0120-667-300 0120-667-300